健康トピックス

健康豆辞典

オスグッド、シュラッテル病

十二歳ぐらいの男の子に多く起こる病気で、脛骨粗面という膝のお皿の下の部分が膨隆して圧痛や運動痛があります。長時間の歩行、正座によって痛みが強くなりますが、膝の運動に支障をきたしたり、跛行などにはなりません。安静によって痛みはやわらぎます。

症状の強い場合は二~三週間のギブス固定、時には穿孔術といって骨に小さな穴をあけるボーリング法がおこなわれます。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142