健康トピックス

健康豆辞典

加齢性黄斑変性症

最近マスコミでも注目されてきている、加齢性黄斑変性症の簡単な解説をします。

加齢性黄斑変性症は、欧米において成人(特に50歳以上)の視力障害原因の第1位といわれていますが、本邦では少ないと考えられていました。しかし、急激な高齢者人口の増加、生活習慣の欧米化に伴って患者数が増加しつつあるようです。患者数は男性に多く、病名の示す通り年齢が高くなるに従い増加し、また両眼に発症する頻度が高くなることがわかっています。

眼は物を見る大事な体の部分で、カメラ、またはビデオカメラに例えられ、黒目(角膜)、水晶体はカメラのレンズ、網膜はフイルムあるいは撮像管になります。光の通るどこに異常があっても見え方が悪くなり、例えば水晶体の濁りは“白内障"です。網膜には瞳から入ってきた画像が映り、その画像を撮影するため1億数千万個の光を感知する視細胞という重要な細胞があります。視細胞には杆体細胞と錐体細胞の2種類あり、杆体細胞は光の明暗を感じ取る細胞で、暗いところで働きます。錐体細胞は明るいところで、色の識別、細かいものを区別する機能があり、視力にはこの錐体細胞が重要な役割です。黄斑部はその錐体視細胞が密集している部分で、他の部分の網膜に比べ物を見るための重要な部分です。また、黄斑部中央部は中心窩と呼ばれ、視力にとって特に大切な場所です。

加齢性黄斑変性症は網膜、特に黄斑部付近に障害が生じる病気のため、視機能に重大な影響がでます。視野の中央は黄斑部の部分であるため、一番みたい所(視野の中央部)が見難い、物が歪んで見える、暗く見える等の症状が出ます。私たちは左右両眼で物を見ているため、片側の眼に病気が発症してももう片方の眼が補って、程度も軽いうちは、気付かないことも多くあるようです。しかし病状は徐々に、あるいは病型によっては急速に視力障害が進行します。通常は、周辺部の視野は保たれていることが多く、全くの失明状態(盲目)になることは少ないようですが、見たいところが見えず、読みたい字が読めないといった、“社会的失明"と言われています。障害を最小限に防ぐためには早期発見が第1で、片目を隠し片目ずつアムスラーチャートと言われる視野チェックチャートを使用しての自己チェックが大事です。老眼の人は眼鏡などで矯正し、中心の白い丸をじっと見てください。初期症状は変視症で、見たい部分が歪んで見える症状です。その次には全体的にぼやけて見え、不鮮明に見え、見たい部分が暗く暗点となります。このような症状に気がついた場合は、眼科を早期に受診し自覚症状をお話し下さい。

加齢性黄斑変性症は、黄斑部の下の脈絡膜から発生する新生血管の有無で“萎縮型”と“滲出型”に分けられています。“萎縮型”は加齢性黄斑変性症の9割の頻度といわれ、黄斑の組織が加齢で萎縮するタイプで、症状の進行はゆっくりで、萎縮部分が中心窩にかからない限り、強い視力障害にはなりません。“滲出型”は健常では存在しない異常新生血管が黄斑部の脈絡膜から発生し、黄斑組織内に血液などが漏れ出し黄斑機能を障害する病型です。このタイプは変視症、視力低下、暗点などの症状の進行が早く、視機能の障害が強くなることが多くみられます。この“滲出型”では早期発見が特に重要で、異常血管を小さいうちに発見し、治療を行うことが視機能を維持するポイントです。“萎縮型”から“滲出型”に変化して病状の進行する例もあることも知られており、いずれのタイプでも注意深い定期検査が重要と思います。

診断は眼底検査が重要で、異常が疑われる場合には、蛍光造影剤を注射しながらの眼底撮影により異常新生血管の発見です。さらに、光干渉断層計と呼ばれる装置が開発され、網膜の断面の検査が可能になり、網膜のむくみ、出血の有無などが観察可能になり精密な診断が可能となりました。

治療法ですが、“萎縮型”では決定的に効果の期待できる治療法はないようで、現在は循環改善剤などの内服治療が行われています。“滲出型”の初期にはレーザー光線を異常新生血管に照射し、血管を閉塞させる治療を行ないます。しかし進行した症例や中心窩に近い異常血管にはレーザー光線の単独治療ではかなり困難な状況でしたが、幸い、最近多くの治療法が可能となってきています。第1は“経瞳孔温熱療法”と呼ばれる治療法で、弱いレーザー光線を黄斑部の新生血管に照射し、照射部分の軽度の温度上昇により新生血管を閉塞させるものです。第2は“光線力学的療法”で、光感受性物質を予め組織または血管内に取り込ませた後、その光感受性物質に感受性の高い波長のレーザー光を照射し、光感受性物質に化学反応を起こさせます。この化学反応で組織毒性の強い活性酸素が発生し、新生血管の内側の細胞が破壊され血管が閉塞します。継続的に行う事が必要ですが、網膜に対する障害が弱く、有力な治療法になると考えられています。その他、異常新生血管を取り去る手術的治療法などもあります。この加齢性黄斑変性症は視機能障害の世界中の難問と位置づけられていますので、治療法の研究も非常に活発で、今後さらに効果的な治療法の出現が十分に期待できると思います。

最後に予防法ですが、多くの原因調査の結果、喫煙は加齢性黄斑変性症の危険因子ある事が分かりました。この事からも禁煙は大事です。その他、太陽光線により網膜特に黄斑部に有害物質が溜まる事も知られていますので、紫外線カットのサングラスも良いようです。住民検診などの眼底写真から発見される事も多く経験しますが、時々片目ずつ物を見て、自覚的に視力の確認、視野欠損の有無のチェック等を行い早期発見に努める事も大事と考えます。

文責 麻薙 薫

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142