健康トピックス

健康豆辞典

忘年会と健康

飲酒は適量を守って食べながら、ゆっくりと

「あーあッ、もう酒はやめだ」重い頭を抱え、横になりたい誘惑を振り払いながら、やっとの思いで午前中の仕事をこなす。あの苦しさは酒の嫌いでない方なら、必ずや何度か味わっているはずです。前夜の楽しい宴の印象もおぼろ、ただただ空しく感じられる時でもあります。

二日酔いの辛さは急性胃炎と睡眠不足の相乗作用であると考えますが、時々ならともかく連日の深酒が続けば内蔵に影響を与えない訳がありません。アルコール依存症(アルコール中毒)は、肝臓は勿論のこと精神をむしばみます。また、アル中までは行かないまでも糖尿病や慢性膵臓炎、あるいは痛風発作の主因に十分なり得るものです。

飲酒時にボリュームのあるつまみを食べ過ぎるとアルコールと合わせて当然カロリーの過剰摂取となり、肥満症や高血圧症はじめ心筋梗塞や脳卒中の原因となり得る種々の病気を起こす基になります。反対に全く物を食べないのも体に良い訳がなく、特につまみ無しに強い酒を連日飲むようになると肝硬変になり命を縮めます。

また、泥酔後の脱水症も血管をつまらせ心筋梗塞を引き起こしたりします。

酒もタバコもマイナス面だけを考えれば禁酒・禁煙と片付けてしまいがちですが、酒は単なる薬でもなければ単純な嗜(し)好品でもなく、そこには歴史・文化あるいは個人の価値観が大きくかかわります。

酒宴の魅惑には神々も勝てなかったという神話もありますし、酒も適量を飲む分には鬱積(うっせき)した感情のはけぐちとして、精神衛生上の安全弁として社会不安の沈静化に役立ちます。

最後に酒の上手な飲み方に触れておきます。酒は毎日飲んでいると強くなります。しばらく飲まずにいると酔い易くなるのは日ごろよく経験することです。酒に強いということは肝臓を酷使している事を忘れてはなりません。晩酌を休む休肝日を週2日ぐらいは欲しいものです。

血液中のアルコール濃度が高くなると麻酔作用で抑制がとれ陽気になったり、だらし無くよろよろしたりするのです。適量に飲むことが必要ですが、その目安は日本酒1~1.5合、ビールなら大瓶1~1.5本、ウイスキーW1~1.5杯で、この量は肝臓が処理するのに3~4時間かかります。また、食べながら、楽しい雰囲気の中でゆっくりと飲むことも大事です。空き腹に飲むのは吸収が早く悪酔いします。“一気飲み"や“駆けつけ3杯"は極めて危険な悪習です。個々のペースで飲むことが大事であると同時に、酒の種類も各人各様で、自分に合った物を飲むべきです。“間違いは多く酒より起こる” “1杯は人酒を飲む、2杯は酒酒を飲む、3杯は酒人をのむ”。どうぞ、忘年会をお楽しみ下さい。

鈴木整形外科 鈴木弘祐

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142