健康トピックス

健康豆辞典

妊婦と栄養

妊娠すると赤ちゃんのためにと、今までより栄養を考えて食事をするようになります。妊婦は赤ちゃんが自分自身で血液を作るようになると、鉄分不足になりがちです。鉄分の多い食べ物はたくさん食べるように心掛けましょう。ただし、太り過ぎると妊婦中毒症の原因になったり、微弱陣痛の原因にもなりやすいので、炭水化物や糖分の取り過ぎには注意しましょう。妊娠中毒症になると、むくみや蛋白尿や高血圧などの症状が出て、妊婦も胎児も死亡することもあり危険です。妊娠したら初期の頃から高蛋白、低脂肪、減塩食を心掛け、高カロリーにならないようにしましょう。妊娠初期と末期の体重差は10㎏までが限度です。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142