地域医療総合支援センター

「かかりつけ医」による在宅医療の実態コンテンツ一覧へ戻る

千葉県医師会は、一般の「かかりつけ医」による在宅医療の実態を把握することを目的に、全会員医療機関に対し「在宅医療にかかる実態調査」を2013年4月に行いました。

・対象とした会員医療機関数:3,087件

・有効回答数:1,742件(回収率56.4%)

この結果から、在宅医療(訪問診療・往診)を行っている医療機関数は、在宅療養支援診療所ではない一般の「かかりつけ医」の診療所が最も多いことが明らかとなりました。

自宅等での看取りの割合は、2012年の1年間の患家での看取り件数は1,724人でしたが、その内の25.8%が在支診の届出をしていない医療機関、在支診は26.9%、在支診強化型は44.8%、在宅療養支援病院は2.6%でありました。特別養護老人ホームでの看取り件数は361人であり、一般のかかりつけ医が49.3%、在支診21.3%、在支診強化型28.0%、在宅療養支援病院が1.4%でありました。

これらのことから、在支診ではない一般のかかりつけ医による在宅医療の特徴は、医療機関ごとの看取り数は在支診よりも少ないものの、在宅医療を実施している医療機関数は多く、在宅医療を「点」ではなく「面」で支えている実態が明らかになりました。
(以下詳細は、報告書をご参照ください)

会員専用ページ
会員専用ページ(ログインはこちらから)
地域医療総合支援センター
かかりつけ医とは?
なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師
(公益社団法人 日本医師会より)
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142