お酒と上手に付き合って健康な毎日を

お酒と健康の関係についてご紹介します。
アルコールが身体に与える影響を正しく知り、お酒との付き合い方を見直してみましょう。
INDEX
第1回 痛風はビールが原因?

尿酸値が高くなることで引き起こされる最も有名な病気は「痛風」ですが、「痛風=ビールの飲み過ぎ」というわけではありません。

PDFを見る

(1.02MB)

第2回 「ビールは太る」って本当ですか?

「ビールは太る」とよく言われます。しかし、ビールが他のアルコールに比べて太りやすいかといえば、答えは「NO」です。

PDFを見る

(758KB)

第3回 適量のお酒は健康増進に効果的?

お酒の飲み過ぎが体に悪いことは誰でも知っていますが、まったく飲まないよりは適量を飲んだ方が健康に良いことはあまり知られていません。

PDFを見る

(912KB)

第4回 ビール酵母の底力

アサヒビール研究所からは、ビール酵母が動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞の原因となる悪玉コレステロールを低下させるという報告があります。

PDFを見る

(938KB)

※PDFは、プラネットジアース(現:ゆめディア)発行の「The Beer & Pub」Vol.1~4に掲載されたものです。
掲載された情報は2005年~2006年のものです。

公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142