健康トピックス

健康豆辞典

正しい体温を知る

小児の体温は健康状態とか病気のあるなしを知るための最も簡単なバロメーターの一つですから、正しい知識が要求されます。

小児体温は37.0℃以下とは限らない

正常体温というと体温計に記されている37.5℃の赤マークを考えがちですが、健康な大人でも37.0℃以上があることもありますし、まして、発育盛りの小児では大人以上に一定ではありません。

即ち一日のうちでも時刻によって変わる、測る部位、年齢、体質などによっても微妙に変動するので、体温は37.0℃以下だとは決めつけることはできません。

どのくらいまでが正常?

小児の正常体温は37.0℃をはさんで0.5℃前後とみればよいでしょう。最近は“音が出る、破損が少ない”といった理由で電子体温計が普及しています。ただし、電子体温計では、感温部(正確に温度を感じる部分)が狭いので腋窩(ワキの下)という広範な部分では、測るたびに数値が違うといったことが起きることがあります。

測り方のポイント

正しく測るためには、ワキの下の前3分の1に体温計の感温部が確実に挿入されていることが大切です。そのため正しく挿入されると体温計は自然にななめ下向きになります。1分計、3分計に関係なく、測定時間はワキの下の温まり具合からみて、5分程度は必要です。

塙 賢二 著「小児科・今日の話題」から

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142