健康トピックス

健康豆辞典

ステロイド外用剤の副作用

アトピー性皮膚炎は慢性で難治のため外用剤を塗布し続けるため、副作用がクローズアップされがちです。このためステロイド外用剤に偏見を持ちすぎ、使用を拒否したり中途半端な治療に走ることはかえって治癒を長びかす結果を生じています。

副作用としては

1) 皮膚から吸収されて起こる全身的なもの、

2) 塗布した局所に起こる皮膚反応があります。

全身的なものは内服した場合に起こることが多く、外用剤では通常の治療では起こることはまずありません。局所反応も小児は成人に比して副作用は生じにくいようです。

ただ強い作用のステロイド外用剤を長期にわたり塗り続けると、毛細血管の多い顔面などでは血管拡張による発赤が現れたり皮膚萎縮を来すことがあります。

また化膿炎症があるとき、かび(真菌)による皮膚炎を合併している場合は悪化するので誤用には注意しなければなりません。

医師はアトピー性皮膚炎の程度や範囲によって外用剤の強弱をコントロールするので、副作用について噂や生半可な知識によって治療を中断することのないよう、不安があればかかりつけ医とよく相談してください。

塙 賢二 著「小児科・今日の話題」から

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142