健康トピックス

健康豆辞典

肘内障

二~四歳の小児において、手を強くひっぱったときによく起きます。突然子供が泣きだして腕をダラリと下げたまま動かさず、一見麻痺したようです。肘をおさえたり、曲げようとすると痛がります。単なる捻挫として湿布包帯のみで放置しておくのはよくありません。

治療は簡単で、お医者さんですぐに整復できます。再発することが多いので、肘内障の経験のある子供は手を強くひっぱらないよう注意しましょう。成長すればおこらなくなります。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142