健康トピックス

健康豆辞典

外反拇趾

母趾の付け根の部分が異状に外の方に膨出して、根元から小指の方へ曲がって「く」の字型の変形を起こす病気です。外反母趾は古くから靴を常用する欧米の婦人に多く見られた病気ですが、近年は日本人にも増加する傾向にあります。

日常生活の注意として、ヒールの低い、つま先に余裕のある靴をはくこと、体重を増やさないこと、長時間の歩行を避けること、つま先立ち・踵立ちなどで足の筋肉の強化等が必要です。痛みが強い場合には装具をつけたり、重傷な場合には手術で変形を矯正します。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142