健康トピックス

健康豆辞典

ビタミンのはなし 葉酸

-葉酸-

抗貧血ビタミンである葉酸(folicacid)は、ホウレン草から抽出分離されたことからこの名があり、黄色扁平の針状結晶で無味無臭で水に溶けにくく、アルコールにはほとんど溶けないB群のビタミンで、光や熱に対しても不安定です。

葉酸は自然界に広く分布しており、ことに肉、レバー、卵黄、緑色野菜などに多く、体内でビタミンCにより活性化され酸素として赤血球の生成に作用します。

めったに葉酸欠乏は起こりませんが、不足すると大血球性貧血が起こるため、特に妊婦は葉酸を含む食品を十分にとる必要があります。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142