健康トピックス

健康豆辞典

乳がんの自己検診法

乳房を平手でよく触れて乳がんをみつけよう。女性死亡率のナンバーワンは乳がんである。毎日入浴時や鏡の前で次の要領で乳房とその周囲をていねいに調べよう。

①鏡の前に立って胸を張り、乳頭の向きが以前と違っていないか、くぼみやひきつれがないか、乳頭がへこんでいたり湿疹のようなただれはないかを観察します。

②両手を上げて、①と同じように調べます。わきの下のリンパ腺にグリグリがないかもみます。

③おあむけに寝て、胸の大きい人は肩の下にタオルなどを入れ乳房が内側に寄るようにします。人差し指、中指、薬指の3本をそろえ、指の腹を使って、わきの下側から胸の中央部までくまなく触れていきます。外側から乳房中央までは腕をわきにつけ、乳房中央から内側は腕を上げて調べます。症状として乳首から分泌物が出る場合もあるので、乳首をつまんで液状のものが出ていないかも確かめます。

しこりがあっても、良性の場合がはるかに多いのですが、素人ががんか否かを判断すべきではありません。必ず病院で病名を確認してください。また早期発見のためには、月1回の自己検診と年1回の定期検診の2本立てでチェックすることが大切です。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142