健康トピックス

健康管理

生活習慣病

高脂血症

血液中の脂質であるコレステロールや中性脂肪が正常より多い状態です。

動脈硬化をより促進するため、食事療法やお薬による治療が必要です。

コレステロールには、肝臓から組織にコレステロールを運ぶLDL一コレステロールと、組織からコレステロールを肝臓に戻すHDL一コレステロールがあります。血液中の総コレステロール値が高いひとは勿論のこと、HDL一コレステロール値が低い人も治療が必要です。

高脂血症は動脈硬化を促進させる因子の一つです。

動脈硬化が進むと狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・大動脈瘤・網膜や腎臓の機能障害など、様々な合併症が起こりやすくなります。

単に高脂血症があるだけでは、自覚症状もないことが多いため放置しがちですが、身体の内側では実は大変なことが進行しているのです。

遺伝的体質、肥満、食べ過ぎ、運動不足、恒常的な飲酒などが高脂血症の原因になります。また、コントロール不良の糖尿病、腎疾患、甲状腺機能低下症や、女性の場合更年期になるとコレステロール値が上がりやすくなります。

高脂血症の治療にはお薬も使われますが、それよりも先にライフスタイルの改善、すなわち、食事療法が大切です。

食事療法のポイントは

1.適正なエネルギー

高脂血症の人は普段から食べ過ぎの傾向にあることが多いものです。1日にとる食事のエネルギー=カロリー量を適切にすることが大切です。

2.油料理を少なくする

油を使った料理を少なくして、脂肪のとり過ぎに注意します。

3.肉よりも魚を

肉類には飽和脂肪酸が多く、魚には不飽和脂肪酸が多いとされています。飽和脂肪酸はコレステロールを増加させ、不飽和脂肪酸はコレステロール値を低下させます。

4.コレステロールの多い食品に注意

1日のコレステロール量を300mg以下に、1回の食事でとる量を140mg以下に抑えましょう。

食品100g中のコレステロール量の例:

霜降りの牛肉70mg

うなぎ240mg

鶏卵470mg

皮付き鶏肉95mg

鶏レバー370mg

いくら510mg

5.食物繊維、ビタミンE,C,カロチンをとりましょう

食物繊維は胆汁酸にくっついて排泄されるため、胆汁酸のもとになるコレステロールを減少させます。また、ビタミンEやC、カロチンは、コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を進めにくくします。きのこ、海藻、こんにゃく、果物、芋類、緑黄色野菜は充分にとりましょう。

6.禁煙

タバコはHDLコレステロールを減少させ、ビタミンCを破壊して動脈硬化をすすめます。

7.運動

適度な運動はHDLコレステロールを増加させます。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142